パートナー探偵社   03−5767−7740
        
http://partner-8107.net
                                                      パートナー探偵社
 「まぐまぐ」メールマガジンを2012年1月から開始します

個人ビジネスらくらく起業法
それは、探偵社です。

それも、未経験者の個人探偵事務所を開業する方を対象にしております。

このメルマガ講座は、調査技術から開業までを判りやすく、これまでの
探偵本にはなかった、実践に基づいた解説で説明してゆきます。

対象は未経験者で個人事業を始めたいと思っている方ですが、※「欠格事由」のある方以外は年齢・男女問わず、誰でも探偵事務所を開業して何歳までも続けることが出来ます。  

業界36年歴の私が過去・現在の探偵・調査会社社の実情を全てお教えいたしますので、個人探偵社を始めることにあなたは自信が持てることでしょう。

業界の悪い習慣・依頼者の間違った探偵社への誤解など全てお話ししてゆきますが、
正しく依頼者の身になって調査しても十分な収入が得られるのです。

月額1000円の有料メルマガですが、探偵社の教室や講習会で技術を学ぶと30万円から300万円以上の負担がかかります。 

最低額の30万円では、開業までの指導はなくさらに追加料金がかかります。

さらに、その中の探偵社は受講する調査員志望者から金銭を取ることを目的にしている業者も実在します。

月額1000円のメルマガといっても私は講座指導及び開業の世話を目的としていますので、決して高額ではない筈です。  質問などもメールで全てお答えします。 

開業後も会員になれば、自信が持てるまで営業補佐や調査補佐も私がその都度、日当程度でお手伝いします。 
会員には何ら縛りなどなく、ご自由な事務所経営をしていただきます。

一番の問題は収益ですが、これも具体的に説明いたします。
それには、調査の内容・結果が次第と考えることでしょうが、そうでもないのです。

日本全国の調査会社はハッキリ言って何処も大した技術力はありません。
宣伝広告を見れば、見当がつきます。 素人みたいな探偵が技術を磨かず、金儲けにばかり走っている癖に優秀だと思っている業界です。 なぜか、お金儲けだけには優秀です。

開業すれば依頼者から「先生」などと呼ばれ尊敬されたり相当な収入が得られます。

ルマガを購読しても一月で止めれば、費用はかかりませんのでご興味のある方は是非参加してください。

私は、個人探偵を全国に増やし各事務所が必要な時だけに相互協力をしてゆく世界を作りたいと考えます。




 このページは、探偵を職業と考えている方のために私の主観ですが思い付くままに書きました。
  どなたでも参考にご覧下さい


 探偵業に興味のある方からのご質問です。

  Q:地方でも探偵で独立開業できますか?
  A:全く問題はなく開業できます。

  Q:また、素人でも大丈夫でしょうか?

  A:素人の方を対象に考えております。

  Q:1人で出来るのか?

  A:私が勧めるのが一人で始める個人探偵のことです。
    この点は徐々にお話して行きます。

  Q:需要があるのか?
  A:需要はあります。  

    最近の離婚件数は25万人を超え、率は35パーセント以上
    3組に1組が離婚している計算です。  それでも
    離婚対象の依頼より相手の気持ちや事実を知りたい依頼です。


   
     依頼者は離婚を前提にしている方と浮気や遊びの抑止力を考えている方がいます。
    女性は、抑止力に期待して依頼する方が多数と思われます。  

    覚悟を決めるまで迷って、依頼するきっかけがないのであきらめてしまいます。 
    一般の人に調査員・探偵の友人や知人のいる人は少数でしょう。  

    さらに探偵に対して「会うことに不安・秘密を話すのが嫌」などがあります。 また、調査依頼に緊急性
    があるとは思っていない様で、悩んでいるうちに展開が変わってしまう。  

    たいがい展開は悪い方向に変わりますので、頼まれたときは何倍の調査料がかかってしまうので依頼を
    あきらめてしまいます。  
 
    どこの探偵社も「相談無料・秘密厳守」と謳っているのは、相談に来たらほぼ依頼されるからです。  
    私の経験でも相談に来る人の9割以上は依頼して行きます。
    依頼することまで覚悟して来ているから探偵社の門を叩けたのです。

    相談は一応して行きますが既に心は決まっているのでしょう。  話を聞いてもらいたいからなので、
    いくらでも聞いて味方になってあげます。 すると信用され、料金の相談をするようになればそれは
    依頼する意思の現れです。
  
    こちらの負担のない程度に妥協案を出すか心配しながら聞いてあげます。  
    相談に限らず、面談まで進めば間違いなく依頼されるのですが「調査結果は決定的な事実でなくても、
    覚悟が出来て将来を前向きに考えられて気持ちも落着く。」と説明するのを忘れてはいけません。

    言い換えれば営業力など全く要りません。 私は都内の探偵社を相当数見て来ましたが優秀な営業員
    は皆無です。  訪ねてくる相談者は誰も彼も依頼して行くので、自分の営業力と自負しているおめでたい
    営業としか思えません。 

    悩んだ末に初めて探偵社という得体の知れない場所に意を決して来るからには、依頼する気持ちと
    料金もある程度覚悟して依頼しに来た人です。  営業力は要りません。 愚痴をこぼすまで聞いて
    あげるだけで信頼されます。

    私は依頼者から相談を受けたとき「一緒に考えていきましょう」という姿勢でいます。
    それは、男女や目上・目下でも同じ様に誰に対しても友人のような態度をしています。 

    世間の人が、探偵は人を疑う事が習性のように思われているから、厳しい目で見られきつい言葉で
    質問されると誤解しているからです。

    人を見抜くには、まず相手を信用しようとすることから始まり、世間の常識・習慣で人を見ることです。

    そこから、ずれた時はその人の性格・人間性と思って善悪・上下・当り外れとは考えないことです。
    好き嫌いの感情で判断するのはズット後です。  

    それと、皆さんも同じ感覚なのでしょうか。
    普通の依頼者・特に女性の方は法外な調査料の探偵社が優秀で調査力も卓越していると勘違いして
    いるようです。

    ある女性依頼者の調査を他社より半分以下いや3分の一の料金で結果を出しました。
    経営者というより調査員感覚の強い私はその調査結果に依頼者の複雑な心情を考え、
    今後調査依頼がなくても友人として相談に乗るつもりでいるので話が多岐にわたりました。 

    調査の話の中で私の事務所が廉価な料金で上手くいったのは運がよかったような口ぶりでした。
    高額な調査料の探偵社はいつも結果を出しているような印象を持っているようです。

    私に言わせれば、派手な宣伝の探偵社は料金徴収にだけ長けていて調査は二の次です。
    好きなように調査日程を伸ばしたり機材を使用したなどと何でも言い放題です。

  
    パートナー探偵社  
03−5767−7740

                  
090−5588−7447
        
http://partner-8107.net

                  mail: mirai@partner-8107.net

                                                      パートナー探偵社