大田区の探偵社・大田区の調査会社・不倫・浮気・夫・恋人・男女のトラブル

探偵の選び方調査料金調査例報告書

大田区拠点
 パートナー探偵社 秘密厳守
03-5767-7740
        探偵養成講座主催   全国私立探偵調査員連絡会顧問
          
探偵セミナー講師   探偵コンサルタント
  宇佐美 健
 HP : http://partner-8107.net
    
blog : http://tantei-salon.sblo.jp    
mail:  mirai@partner-8107.net

                          東京都公安委員会 第30070022号

 
探偵社の選び方
  
    
探偵業界で調査料金にこれといった基準はありません。 
   各社がそれぞれの思惑で決めており、昔から変わっておりません。

   中でも多く聞かれる調査料金の内訳は、事務所維持費・宣伝費・人件費
  「営業、事務、調査員」です。   この中で宣伝と営業の経費が大部分を
   しめており肝心の調査員の給与は抑えらています。

   派手な宣伝の調査会社ほど営業を中心に経営しているようです。   

   調査が下手で時間や日数が伸びても依頼者にはもっともらしい説明をすれば
   日数分の調査料金があがるので、その分利益になります。  

   個人調査は、会社の規模ではなく現場の調査員の経験と技量それに

   やる気
です。   担当調査員で、調査結果は決まっているのです。

   避けられないアクシデントやトラブルがあっても、瞬時の判断力で次回のヒント
   を見逃さないのがプロの調査員です。  

   営業は、調査ミスがあっても依頼者への報告は何とでも繕えますので初めに
   調査員と応対しておけば調査員の姿勢も違うしトラブルの状況も聞けます。  
   御依頼なさるときは調査員とも打ち合わせが出来る会社を選ぶのがコツです。
   それでも料金が高い問題は残ります。 


    注意点

   ☆派手な宣伝をした会社の調査料は高額と覚悟する。
    ※高額に請求する方法はいくらでもあるのです。

   ☆調査員と面談させてくれる会社を選ぶ。

   ☆こちらサイドの弁護士を介する。

   ☆探偵社の関係者の知り合いのを見つける。

   ☆普通の調査で十分可能なのに、いろいろな機材(高額な使用料)を使って
    やろうとする会社に注意。

   ☆終始ビデオ撮影をしている事を自慢する会社も注意。  
     (一般には信用出来ると思ってしまいますが、これは営業上の策であって、
    プロから見れば調査に重点を置いていない。デジタル撮影は編集・修正可)

 
 
調査料金

   
   基本料金は
・・・

   二人一組で時間計算です。 6時間 50.000円
   延長料金は・・・    同   
1時間 10.000円
       車両・バイク使用は別途・・・各10.000円
   経費は実費計算です。  交通費・ガソリン・有料道路・取材費(手土産等)

                 以上が基本調査料金です。
       最低料金(時間・経費)になるように情報をたくさん集めてください。

  
極端な調査例ですが、世界の大富豪B・G氏(MS社創業者)と、町の商店の奥さんの
   家出調査です。    
  
   同時期だっ たのですが、両方とも基本6時間50.000円の調査料です。

   調査時間と経費の差はありますが、基本調査料は変わりません。

    B・G氏の場合は日本MS社を立ち上げる時の事なので同氏が40歳になる少し前の事です。 

   初代の社長を決めるため日本に7日間滞在した時の24時間を完全尾行しました。 
 
   町の商店の奥さんは、夫と子供を置いて家出した事件でした。  
   結果的に子供の手紙で気持ちを取り直して家族の元に戻りました。 

   調査は一日で終わり基本料金と経費として電車賃が500円ほどで計50,500円でした。
  

    B・G氏は延長料金や高級ホテル・タクシーの時間契約などで基本料金をはるかに
   上回る経費でした。
  

   つまり依頼の仕方で調査料金は大きく変わりますので、資料や調査日程・時間も担当調査員
   とよく相談して下さい
 
                                         ◇
パートナー探偵社◇
                            URL http://partner-8107.net


 
御相談・・・電話かメールでお尋ねください。匿名・非通知でも結構です。
                  秘密厳守。 調べたり・こちらから営業は致しません。

 
御依頼・・・御相談した後も気づいた事があれば何でも調査員にお伝えください。 
  
   写真や証拠品があればコピーするなどして、調査員にお渡しください。 

   調査員は当事者の意見や心情を理解するように努めて,参考にもしております。

   日記なども資料価値が高いので見せなくても内容だけでも伝えてください。 

   依頼後は毎日の経緯をメモして、今まで通りの日常生活でいて下さい。 

   普通の人は探偵を使って調べられるとは思いませんから、揉めても探偵を使う

   と思われる発言はしないで下さい。

   調査日程は話し合いで決めますが、特定する日があれば早めに御相談ください。

   公安委員会の指導で契約書を作成しますので保管に気を付けてください。 

   着手金として調査料の3分の一から2分の一を御用意ください。

    ※過去に依頼したり素人に頼んだ事があれば話してください。
     調査方法が変わります。


 
御報告
 
   

    調査報告は途中経過も逐次致しておりますので、突発的な事態にも
     対応出来ます。 状況に合わせて延長や中断に対応します。

 
報告書
 
   報告書は当社規定によります。
   御希望でサイズ・レイアウト・
        表現などの変更は偽証のない範囲で致します。

                       
     


                              パートナー探偵社◇
                     

                                            
 パートナー探偵社
                  
代表 宇佐美 健
ホームぺージ http://partner-8107.net
          
mail: mirai@partner-8107.net

03-5767-7740  緊急090-5588-7447
        
緊急mail: t-8107@docomo.ne.jp 
〒143−0015 東京都大田区大森西1-13

                                         パートナー探偵社◇